Panasonic LUMIX G8は最強コスパモデル

動画・動画編集

最近、動画編集を始めたのを機にカメラを買ってみようと思い、今はやりのミラーレス一眼を購入してみようと悩みに悩んだすえ購入したのが、Panasonic LUMIX G8です。

購入してから、3か月が過ぎました。

動画撮影をメインに使っています。今日は、これからミラーレスを購入しようと思っているあなたに私の Panasonic LUMIX G8 の感想を伝えたいと思います。

今回は、性能や仕様表の話は割愛します。もし、まだ、仕様を頭にいれていないあなたはこちらでざっと確認しておいてください。

今日は、プロのようなレビューを書くつもりはなく、素人目線で、私がどうしてこのカメラを選んだのかそしてどうだったのかを話したいと思います。

Panasonic LUMIX G8を選んだ理由と3か月利用しての感想
スポンサーリンク

Panasonic LUMIX G8を何故選んだのか

LUMIX G8は 私が購入した時点で3年ほど落ちる旧モデルでした。いろんなものを調べた中で、有名なカメラマンやインフルエンサーが使っている機種のがほとんどがSONYαシリーズでした。その中で、動画メインの方はLUMIXGH5でした。

どちらかを購入しようと絞り込めのですが、やはり、20万前後の金額で躊躇しました。というのは、私自身、写真をとったりする習慣もなかったし、もちろんビデオも撮ったりしませんでした。子育てもしているので、一家にデジカメやビデオもありましたが、運動会か何かで撮影した時にブレまくりで才能がないと思い、それ以降、撮影係は嫁に任せていました。

そんな自分が20万前後もだして購入してやはりいらないとなったら、どうしようと思い悩んだのを覚えいます。

そんな時、ある動画クリエーターのかたが、このPanasonic LUMIX G8をすっと使っていたという話を知りました。それから、メーカーホームページや仕様表を調べまくり、私が望む機能が揃っていたのを確認しました。

また、調べれば調べるほど、このカメラの評価の高さに驚きました。自分が躊躇しない値段だったこと、コストパフォーマンスに優れてそうだったこと、何よりプロたちが名機だと高評価しているこのカメラをすぐに注文しました。

前置きは長くなりましたが、動画撮影をするために購入した具体的な理由4つ挙げておきます。

強力な手振れ補正

1番に選んだ理由はこれです。当時、本体、レンズとも手振れ補正がきき、最強に手振れ補正が強いカメラといわれていたことに魅力を感じました。

動画撮影時間無制限

理由は割愛しますが、このカメラ以外は、動画撮影時間の上限があり、時間を気にせず取れることが後々役立つのではと考えました。また、4K映像がとれるということも魅力でした。

バリアングルモニター

チルトモニターではなく、バリアングルのほうが、もし自撮りをするようになれば必要になってくるかもと思い必要でした。

防塵・防滴

やはり、カメラは外で使う機会が多いでしょうし、機械ものなのでこちらもついていたほうがいい機能であるのは間違いないと思いました。

3か月ほど利用して正直に思うこと

一言でいうと、買ってよかった!コスパ最強モデルのうわさは嘘じゃなかったということ。

やはり、デジカメやスマホと違って映像も綺麗だということ。バリアングルは本当に便利だと思います。

ただ、写真撮影でブレることはないのですが、動画撮影はどうしても私自身腕を上げなければいけない感じですが(笑)

こちらもしくはこちらで下手くそな映像は確認できます (笑)

撮影は得意ではないんですが楽しみながら使えて勉強になるカメラです。

ただ、あなたに伝えたいのは、最初から高いカメラを買う必要はないということ。

当たり外れがあるので、初めての購入は、中古は止めたほうがいいということ。

コストパフォーマンス最強のPanasonic LUMIX G8はお勧めです。

現在のアマゾンの価格はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました