専門実践教育訓練給付金でキャリアアップ

知らないと損するお金の話

あなたは、専門実践教育訓練給付金というものをご存じでしょうか?

現在、社会で働いているあなたのスキルアップや新しい仕事へのチャレンジなどのために設けられた制度です。

もう一度夢に向かって頑張りたいあなたは、検討材料にしてみてはいかかでしょうか?

スポンサーリンク

専門実践教育訓練給付とは?

一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者またはそうであったあなたが、厚生労働大臣の指定する専門実践教育訓練を受講している間、または、修了した場合、その受講のため支払ったお金の50%をハローワークから支給する制度です。

あなたがもしこれから何かをしたいと考えるのであれば、間違いなくこの制度を利用できるかどうかは調べてみるべきです。

専門実践教育訓練給付の対象となるあなた

1.雇用保険の一般被保険者

専門実践教育訓練の受講開始日に支給要件期間が3年以上(初めて支給を受けようとする方については、当分の間、2年以上)あるあなた

2.雇用保険の一般被保険者であったあなた

離職日以降、受講開始日までが、1年以内であり、かつ、支給要件期間が3年以上(初めて支給を受けようとする方については、当分の間、2年以上)あるあなた

3.過去に教育訓練給付制度を利用している場合、教育訓練給付金受給から今回の受講開始日前までに3年以上経過していること

わかりやすく簡単に言い換えれば、過去3年以内に、教育訓練給付制度を利用していなくて、3年以上働いているあなた、または、3年以上働いていて、辞めてから1年以内のあなたということです。

また、当分の間、この制度を利用するのが初めてのあなたは、支給要件期間が2年になるということです。(当分の間などの詳細はハローワークにお問合せください)

支給要件期間について

支給要件期間とは、受講開始日までの間に同一の事業主に雇用された期間をいいます。

また、3年(初めて支給を受けようとする方については、当分の間、2年以上)勤めていないあなたでも前職と現職までの空白期間が1年以内の場合、通算されることになります。

支給要件照会制度を利用しよう

支給申請前に、受給資格があなたにあるかどうかをハローワークで確認することができます。

教育訓練給付金支給要件照会票を記入し、本人確認書類を持っていくだけです。

注意してほしいのは、電話では問い合わせできません。

まず、あなたに受給資格があるかどうかが1番重要な話となってきますので、必ず調べてから検討するようにしてください。

支給額はどれくらい?

1.教育訓練施設に支払った教育訓練経費の約50%になります。ただし、その額が1年間で最大40万円なので、最長3年間で120万円となります。

2.専門実践教育訓練の受講を修了した後、あらかじめ定められた資格等を取得し、受講修了日の翌日から1年以内に被保険者として雇用された方又はすでに雇用されている方に対しては、教育訓練経費の20%に相当する額を追加して支給します。

この場合、すでに給付された1.の訓練経費の50%と追加給付20%を合わせた70%に相当する額が支給されることとなり最大3年の場合168万円(2年の場合は112万円、1年の場合は56万円が上限)支給されます。

専門実践教育訓練指定講座はどんなものがあるの?

専門実践教育訓練指定講座の詳細は厚生労働省のホームページに掲載されます。

年に数度更新されますし、講座などの追加もおこなわれますので最新情報を都度確認してください。

あなたのキャリアアップしたい講座があるかどうかが受給資格につぐ第二ステップとなります。

専門実践教育訓練給付金申請にあたっての注意

専門実践教育訓練給付金の手続は、訓練前キャリアコンサルティングにおいて就業の目標、職業能力の開発・向上に関する事項を記載したジョブ・カードの交付を受けたあと、ハローワークへ提出となっています。

この手続は、受講開始日の1か月前までに行う必要があります

また、受講前、申請時に必要な書類などもたくさんありますし、情報や内容も都度更新されていきますので、必ず厚生労働省のホームページで確認もしくはハローワークに問い合わせてください。

最後に

専門実践教育訓練給付金制度、これひとつを知っているのと知らないとでは大きな差がうまれます。

あなたにとって利用できる条件を満たすなら必ず覚えておいてください。

お金がなくてもこういう制度が日本にはあります。

あなたのキャリアアップや夢に一歩でも近づけることを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました