簡単!会社の辞める方法

退職・転職・フリーランス

最近、ちまたで退職代行が流行っています。

会社を辞めたいだけなら、そんなものは必要ありません。

退職代行にお金を払うくらいなら、そのお金を今後の自分のために使ってください。

スポンサーリンク

会社を辞めるのは簡単

あなたが普通の無期契約社員なら、会社を辞める方法は至って簡単です。

退職日の2週間前までに会社に辞めるということを伝えるだけです。

えっ、それだけ?

もし、だめだっていわれたら?

そういう風に思うあなたは、もうひとつだけ覚えていてください。

それは、あなたが辞めるという強い意思を持つことです。

そもそも会社にあなたを止める権利もありませんし、法律的にもあなたをとめることはできません。

人が足りないとか都合が悪いとか、全て会社の問題であなたには関係ありません。

退職するのに会社の許可など必要ありません。

意思表示するだけで、辞めることができるのに、退職代行に数万円のお金を払うことの無駄を考えてください。

もし、どうしても自分で言えない人は、メールで意思表示をして、退職届を送ったり、内容証明郵便で意思表示をして退職届を送るなどの方法もあります。

退職の意思表示したこと、退職日の日付がわかるものを手元においておけば、今後の処理にも役立ちます。

メールよりも、内容証明郵便のほうが、証明という意味ではいいです。

辞めるだけなら簡単なのはおわかりいただけましたね。

辞めるだけではないあなた

辞めるだけですまないあなたもいてるかもしれません。

例えば、パワハラされて辞めるので、慰謝料をとりたいや、未払い残業代を請求したいや、会社の違法行為を追及したいなど、辞めるだけでは気がおさまらないなど、多くの理由があります。

もし、そのような理由で会社と交渉か必要だったり、会社と戦わないといけない場合は、法律的知識があれば、個人で示談すればいいことてすし、会社が示談する気がないなら、弁護士に依頼してもいいでしょう。

自分にとっていかに有利に会社を辞めることができるのか考えてみてください。

示談交渉があっても、会社を辞めることは何も難しくありません。

日本は法治国家です。全て法律に基づいてたんたんと処理されていきます。会社がどうなのか?よりも、法律がどうなのか?を考えることが答えにつながっていきます。

退職代行に頼むなら弁護士へ

そもそも、報酬を受け取って他人のかわりに示談するということは、弁護士以外に認められていません。

もし、おこなえぱ、非弁行為といって違法行為となり罰せられます。

私が何をいいたいかというと、有料での示談行為を含む退職代行は、弁護士以外にできないということは、退職代行に依頼できる仕事は、示談行為がないはずなので、自分で簡単に処理できるということです。無駄なお金を払う必要はありません。

示談が発生しそうな退職なら、そのときに弁護士に依頼すればいいのです。

現在、非弁行為に関することで、退職代行業に関する問題が世間であふれかえっています。

示談行為が必要になる可能性があるのなら、話がこじれることもありますので、当初から弁護士に依頼するほうが無難です。

有給休暇は14日おいておこう

あなたが辞めたいと思って、意思表示をして明日から会社に出社したくない場合に備えて、最低限、年休は14日おいておきましょう。

退職日より2週間前に意思表示すれば辞めれるということは、万が一、退職日まて公休がないとしても、14日間年休をもっていると、年休処理により退職日まで一度も出勤する必要はなくなります。

退職を伝えてからの気まずい時間もこれでさけることができます。また、会社にいかない2週間で転職活動や退職後の生活の準備に時間を割くことがてきます。長期旅行なんかもいいのではないでしょうか。

もし、有給休暇が2週間ない、明日からでも行きたくないというあなたは、辞めるという確固たる意思さえあればいくらでも方法はあります。

まとめ

退職は簡単にできるということ。

必要なことは、辞めるという強い意思だけでいいこと。

会社に許可をとる必要はなく、2週間以上前に意思表示すること。

他には何もいりません。簡単なことです。会社に何をいわれても気にしなくていいのです。

後は、自分に有利な条件で辞めていけるように考えていけぱいいのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました