ハローワークを信じるな!

退職・転職・フリーランス

ハローワークにあなたは行ったことがありますか?

今のようにSNSや求人媒体がない時代は良かったのでしょうが、今のハローワークはあてにならない状態です。

今日は、ハローワークの話をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

ハローワークとは?

職業安定法に基づいて、職業紹介や失業給付などを無料でおこなう国の行政機関です。昔は職安と呼ばれていたところです。

仕事を退職したら、失業給付をもらいに申請にいったり、仕事を探しにいったりするところです。

各都道府県のほか、出張所など国内に約550カ所あります。

ハローワークで紹介される会社はブラック度が高い?!

ハローワークで紹介される会社は、結構、ブラック度が高いというのは知っていますか?もちろん求人全てがそうではありませんが、私自身の経験談も多くいれて話をしているので、現実とかけ離れた話でもありませんので、ハローワーク経由で仕事を探す人は注意してください。

コンプライス違反ではないブラックの定義は、人さまざまですが、

1.長時間労働

2.給与が少ない

3.休日が少ない

この3点は、大きな基準となります。ハローワークで紹介される仕事は、このあたりにあたってくる会社の確率が高いのです。

あなたは、信じないかもしれませんが、ハローワークに出ている求人票の内容は、すべてが事実ではありません。

言い換えれば、嘘の内容の求人なのです。

求人票の内容を信じて入社したら、騙されたみたいなこともたくさんあります。国の行政機関が行っている場所でも、そういうことがあるので、本当に気をつけてください。

ハローワーク自体は、悪い行政機関ではありませんし、国民のために作られた機関なので必要な場所ですが、いい点ばかりでないことは、頭にいれておきましょう。

嘘の求人が多い理由

会社は無料で求人をだせる

ハローワークは、求人を無料でだせるので、求人広告費にお金をかけたくない経営者は、ハローワークと自社ホームページで求人を集めようとします。

求人にお金をかけない会社は、お金を持っていないか、お金をかけてまで従業員をとりたくないかが大多数です。

現場は人手不足で火の車でも残っている従業員に仕事の負担を増やし、継続だけすれば、無料で求人広告を出し続けれるハローワークでの応募者を気長に待っているのです。

従業員を大切に思う経営者はそんなことはしませんので、他に手を考えます。何年もこのような求人をしている会社はやはりブラック度が高い可能性があります。

役所体質

一昔前に比べればましにはなってきましたが、やはりそういう職員がまだ残っています。仕事に対しての責任感の無さが顕著にでています。

実際にあった一例をあげましょう。私が管理職をしていた時のハローワークの職員から問い合わせの後でおこったことです。仕事上、自動車免許証が必ず必要だったし、求人票にも載せていましたし、電話で職員に応募者に伝えるようお願いしたにも関わらず、紹介してきた人は、免許取り消し中の人でした。

ハローワークの求人に応募してきた人の必須応募資格の確認すらできていませんでした。他にもいくつか驚く話もありますが、ハローワークで一生懸命働いている人もいますのでふせておきます。

応募者の精査もできていないのに、求人を出している側の求人票の情報など精査できるわけがないということを伝えたいのです。

もちろん現在の職員数で、求人票を全て精査することは難しいでしょう。だとしても、今のままでいいのでしょうか?

求人項目に真実を書きにくい

求人を出す側の問題になりますが、求人項目を書くのに制約が多いということです。例えば、年齢制限や性別制限などもそうです。

また、国の行政機関ということもあり、労働基準法に触れそうな部分などもちろん書けません。

そうなると必然と求人票と現実の間に大きな乖離が出てくるということです。

真実を書けないようにして、乖離が出るというのもおかしな話ですが、これが現実として今もなお起こっている問題です。

嘘の求人をなくす方法

ハローワークの求人の嘘が多いことは、先ほど申し上げたとおりです。先ほどあげた理由の中には入れませんでしたが、根本的に嘘が無くならない理由を言っておきます。

嘘の求人をだした会社を罰することがない

これが現状をつくっている決定的な理由にあたります。

おそらく嘘の求人をだすと罰するという法律をつくれば、そんな会社も減っていくでしょう。ただ、そうなると、求人する会社がハローワークから無くなるかもしれません。

無料だから、少々、項目記載が厳しくても求人を出している会社が多いということは、罰せられるなら求人を出さなくなるということです。

そういうことで求人を出さなくなる会社はそもそもブラックの可能性が高いです。

そうなることを恐れているのか、他に理由があるのかはわかりませんが、グレーゾーンのまま放置されている現状です。

白黒はっきりするのが正解なのか、ブラックでないグレーで置いておくのが正解なのか、世の中や人生には同じようなケースがたくさんありますが、この問題もそういうことになります。

最後になりますが、私は、ハローワークもそこに勤めている職員さんを非難をするつもりもありませんし、ハローワークに求人を出している企業様も非難していません。

ただ、ハローワークを利用するあなたへ一つの真実のアドバイスを伝えたい気持ちで今回のテーマにしました。

利用するときは、今回の話を少し頭にいれておいて、素晴らしい転職にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました