面接を恐れるな!未来はあなたが決めること

退職・転職・フリーランス

就職、転職につきものの面接というシステムをあなたはどう感じますか?

緊張するとか嫌だなと思うあなたは、もう少しリラックスしてください。

面接なんてたいしたことではありません。そんな話をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

面接の意味

面接とは、会社側からすれば、あなたの能力や人柄などを、実際にあって判断される機会です。

面接は、あなたという人間を見極める意図があります。 

例えば、あなたの言葉遣いや話し方、言葉選びや話の組み立てかた、意欲や話の整合性などを確認されます。

いろんな角度であなたを確認し、あなたを判断する材料とされます。

しかし、面接時点で面接官が確認できることは、大きく二点しかありません。

それは、第一印象と広い意味でのあなたのコミュニケーション能力だけです。

あなたが注意しなければいけないのは、この二点だけなのです。

もし、面接の前に、書類選考や筆記試験を通過しているなら、もう、その時点であなたの採用、不採用はほぼ確定しているに等しいということになります。

第一印象は、今まで生きてきた証ですし、コミニュケーション能力は短期間でかえれるものではないのです。

ということは、面接前にあなたの結果は決まっているに等しいのです。

そんな面接に緊張する意味もないし、緊張することであなたの力が発揮できなくなる恐れがあります。また演じる姿は、プラスにならない可能性のほうが高いのです。

面接に構える必要はないのです。

面接はあなたが会社を選ぶ機会

面接は、会社があなたを見極めるという機会という社会常識ですが、あなたが会社を見極める機会なのです。

堂々と大手をふって会社の中に入り、会社の建物の確認や在籍社員の確認、会社の活気や設備投資の有無などあらゆるものを確認できます。また、面接官は一般的に管理職以上がしているということを考えれば、会社の幹部の能力もはかれるわけです。

あなたが会社を精査するチャンスなのです。あなたにとってその会社が相応しいのか、あなたの大切な人生の時間を費やす価値があるのか、それをじっくり見届けるための時間なのです。

会社があなたを選ぶのではなく、あなたが会社を選ぶのです。

それくらいの意識をもって、面接にむかってください。

決して上からものをみろという意味ではなく、面接の一般的な社会常識が記憶にうえつけられ、そのせいで、面接というものに緊張したり、気持ちがおされてあなたを出し切れなくなることがもったいないということです。

あなたは、労働力と人生の時間という大きなものを提供して給与を得ようとしています。なにもへりくだることもないですし、胸をはって挑めばいいのです。

ありのままのあなた

面接は、あなたを装おう必要はないのです。作ったあなたをみせようとする気持ちがあなたを緊張させることにもなりますし、面接でのあなたの表現力の低下を招くのです。

悪い言い方をすれば、嘘をついているあなたを見せることになるのです。面接官も百戦錬磨です。あなたの嘘を簡単に見抜くことができます。

最初にも言いましたが、面接での大きなキーポイントは、あなたの第一印象とコミュニケーション能力の二つです。

偽りのあなたは、第一印象では、嘘をつくことで、あなたのイメージに影を落とすことになります。会社側にあなたの嘘を見抜かれていいイメージをもたれないですし、言葉のやり取りをしていても偽ることで話の整合性をとろうとしている姿や会話の本気度が伝わらないので、コミュニケーション能力までも違和感を感じ取られます。

面接は、ありのままのあなたをだすことに専念してください。

会社に雇用してもらわなきゃという卑屈な姿は決して熱意として伝わりません。

各質問に対する答えを用意する必要もありません。言い換えれば、すべてセリフではなくアドリブでかまわないのです。返答に詰まるときは、わかりませんでいいのです。

面接時点で能力が素晴らしいと伝わる人間や本当に能力が高い人はわずかしかいません。そんなわずかな特別な優秀な人間と比べても仕方ないです。

面接の準備など必要ありません。

ありのままのあなたでありのままの応対をする。ただそれだけです。

結果はすべてあなたの力

第一印象とコミュニケーション能力というものは、数日間でなおせるものではないです。唯一できることは清潔感を演出できることだけです。最低限、それをおこなうだけで面接の準備は完了です。

もし、面接で不合格となった場合は、あなたより優れた人が多かったか、あなたと面接官の波長が合わなかったのか、もしくは、広い意味でのあなたのコミュニケーション能力が足らないと判断されたということです。

誰のせいでもなくあなたの力不足ということになります。

私もかなりの人数を面接してきた経験もありますが、統計的に言えるのは、若い方は、意外とありのままの自分で面接を受けれない、中高年の方は、実績をアピールしがちで若い方以上に背伸び感が強く空回りが多い傾向にあるような気がします。

どちらにも言えることは、やはり、面接を意識しすぎているということを感じますし、ありのままの自分がでていないと感じます。

採用側が求めていることは、あなたの真実の姿に、採用側が求めていることがあるかどうかです。

深く考えないで、リラックスして臨んでください。

あなたの日々の生活が面接につながるということ、即席の対策で面接は乗り越えられないということ頭に入れておいたほうがいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました