FXの資金管理の重要性

FX100万円日記
スポンサーリンク

まずは、自分を制御するメンタルから

ギャンブルをする人ならわかりますが、負けて熱くなるといった売買を繰り返せば、絶対に資金を失います。

FXの世界は、市場にある資金の奪い合いです。百戦錬磨のプロ達がいる世界で戦わなくてはなりません。

簡単に言えば、上がるか下がるかの2択なので、余計にむつかしく誰でも参入できます。

ただ、知識をつけずに手を出すと瞬く間に資金を失います。

まずは、何があっても、平常心を保てる心の強さと、自分自身の心をコントロールできる力、そして、自分のルールを絶対破らない意思の強さをもってから、FXの世界に入るということを心のどこかに置いておいたほうがいいです。

投資苑2

投資苑2という有名な投資の本をご存じでしょうか?

興味のある方は、1度読んでみてください。トレードの資金管理の大切さがよくわかります。

詳細は割愛しますが、この記事では、私が伝えたい部分だけ言っておきますと、最初のうちは、1回の取引において、自己資金に対して損失を2%に抑えるということです。

例えば、100万円元金であれば、あれば、損切りはマイナス2万円の範囲内で抑えるいうことです。(私の場合は、それ以下に設定していますが・・・)

100万円元金 で売買するとすれば、1lotポジションであれば、200pipsの幅が持てますし、10lotポジションであれば、20pipsの損切り幅しかもてないことになります。

もちろんそれでも負けが続けば元金が減っていきますが、確率論からいくと破産する確率は少しでも低くなるし、この世界で生き残れる時間も長らえる方法です。

自分自身のメンタル管理、資金管理、手法が確立するまでは、こちらを徹底して守るだけでも、すぐに撤退することにはならないのてす。

資金管理がいかに重要か一度勉強していても損はないはずです。

バルサラの破産確率

バルサラの破産確率というものをご存じでしょうか?

こちらも投資前に資金管理のひとつとしてざっと覚えていたほうが今後の自分自身を守ることになります。

左記の表が破産確率を表したものです。

勝率が投資の勝ちと負けの割合です。

損益率とは、利益と損失のバランスということです。

例にあげると、表の勝率50%で損益率1のところを確認してください。99%となっています。

どういうことかというと、100万円の元金で、勝率50%で、1回の取引の利益は1万円損切1万円の1:1の割合で投資を続けていると、損益率は1なので、99%で破産してしまうということです。

損益率が同じ条件でも勝率が65%以上のなると破産確率は0%になっていますし、勝率が同条件で、損益率が2以上になると 破産確率は0.8% 以下となっています。

もちろん投資はこのとおりきっちりかたにもはまりませんし、利益も損失も毎回違ってきます。

ただ、一般的にはこの表の1%以下になるような取引をすることを心掛けておくようにしたほうがいいといわれています。

損切りのバランス

FXでは、損切りのバランスが非常にむつかしいです。

少し下がると損切りばかりして、塵がつもれば的に元金を減らしていってしまったり、損になりそうでもまだ大丈夫、また値が戻ると手放せない状態になり多大な損失を1回で被ってしまったり、損切りの仕方のバランスを自分自身のルールを決めてから挑んだほうがいいのは間違いありません。

100%の正解や手法などありえないですが、せめて自分自身のルールは守ることに徹していかないといけません。

損切りルールのないFX初心者のあなたへ

何も決まってないで始めるなら、最低限2%以下のルールは守ってください

本当に元金を減らしてしまうと元に戻すことは大変だし、取り戻すために都合のいい展開を考えて投資してしまうようになります。そうなると傷口はどんどん広がります。

資金管理がとても重要だということだけは心にとめておきましょう




為替・FXランキング

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました