FX VS 株式投資 FXを選んだ3つの理由

FX100万円日記

結論からいえばFXだというのが私の意見です。

もちろん友人に相談された場合は、投資資金や生活パターン、友人の性格を考慮の上、人によっては違う答えを出すかもしれませんが、基本はFXです。

理由は、いくつかありますが、個人的な考え方もありますので、あくまでも参考程度に記事を読んでいただければ幸いです。



スポンサーリンク

株かFXか?悩む段階でFXを始めたほうがいいはず

株かFXどちらにしようか?と悩んだあなたは、ほぼ、投資元金1万円~100万円程度で副業として考えているのでしょう。

なぜならば、専業でできるあなたや資金力のあるあなたはほぼこういう悩み方はしないですから。

私自身そうでしたし、資金力がないからこそ少しでも有利な方法を考えているはずです。

副業でしかも資金が小さいならまずFXで始めたほうが有利です。

1.FXは24時間取引できる

株式市場は9時に始まり15時に終わります。そのうち昼の(11時半~12時半は閉場時間)を除けば、取引時間は5時間しかありません。

普通のサラリーマンのあなたは、だいたいが仕事の時間ではないでしょうか・・・

チャートも見ることもできませんし、落ち着いて売買することもできません。

FXなら月曜日から土曜日になりますが、24時時間取引ができます。

売買時間に腰をおちつけてできることは大きなメリットになります。

2.流動性が高い

FXと株式市場の規模はFXのほうが約5倍ほど大きいといわれています。市場規模が大きいほど流動性も高くなり、売買しやすいということです。

買いたいときに買えて、売りたいときに売れるという大きなメリットがあります。

なんだ当たりまえだと思っているあなた。当たり前ではないんです。

例えば、株式投資の場合、少ない資金で購入できる会社は限られますし、購入したいと思った会社が取引高の少ない会社であれば、購入したいときにも買えないとか、売りたいときに売れないとか結構あるんです。

FXでは、まず、いつでもレスポンスよく売り買いできますので、余計な心配はいりません。

また、投資をはじめて経験をつんでいけばわかりますが、流動性が高いということは、公平性が高いということになります。

基本投資の世界は、投資資金が大きければ大きいほど有利に動くようにできています。株式投資には顕著にその特徴が表れています。

FXは、株式市場の約5倍の規模がありますので、株式投資よりもFXのほうが公平性がたかくなるということです。

3.レバレッジが大きいので少額資金から始めやすい

株式投資では、現物では資金以内、信用買いでも最高約3倍しかレバレッジがかけれません。

FXでは、国内では、最大25倍のレバレッジをかけることができます。

レバレッジというのはてこの原理で、例えば、100万円の元金があるとします。そうすると、それを証拠金預かりにすれば、株式投資であれば、300万円の取引しかできませんが、FXでは、2500万円の取引が可能となります。

もちろんリスクも1倍から、株式投資は約3倍、FXは25倍となりますので、注意してください。

ただ、レバレッジを大きくかけれるということは、レバレッジをかけずに取引すれば、幅をもった取引ができるようになります。

心の余裕ができ勝率もあがると思います。

まとめ

まとめると、

  • 副業でおこなおうと思っているあなた
  • 100万円以下の投資資金ではじめようと思っているあなた
  • 自分の力でできるだけ公平な条件で市場に参加したいあなた

まずは、株式投資よりもFXをお勧めします!




為替・FXランキング


為替・FXランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました