FXを始めて・・・感じたこと・・・

FX100万円日記
スポンサーリンク

値動きにはりついてしまう

やはり、売買すると自分のポジションが気になるのでチャートをよく確認します。勉強になるからいいのですが、他にすることがおろそかになっていく恐れがあります。

実際、自己啓発にしていた勉強などあまりしなくなりました・・・

大きな持越しを避けたいのでデイトレードでしていますが、時間軸が短いためそうなってしまうような気がします。

まぁ、今は、昔の感覚を取り戻そうと意図的にしている面もありますが・・・

ロット数の誘惑が自然とわいてくる

FXの危険はやはり資金に見合わないロット数での売買をして資金を失うことです。

私自身は、余裕資金でしてるわけではないので、余計に自己管理が必要なので、なんとか気持ちをコントロールしていますが、やはり、一発の大きな利益を求める誘惑が心から湧き上がってきます。

うまくいけばもちろんOKですが、失敗すると這いあがれない状態になります。

世間が、FXをギャンブルだというのは、この誘惑に負けて、勝負に負けた人たちのことがFXの全てだと思っているからです。

言い換えれば、これさえ自分自身でコントロールできれば、この世界で生き残れる可能性が高いでしょうし、できない人は、いずれFXの市場から撤退しなければならないでしょう。

答えのない世界

テクニカルやメンタルを身につけれたとしても、利益をあげれるとは限らない。逆にいえば、素人で何も知らなくても利益をあげることができる。

ただ、継続的に利益をあげ続けたり、この世界にずっといようと思うのなら、テクニカルやメンタルは鍛えていかなければならないのは間違いないし、初心者のままでは、間違いなく生き残ることはできない。

奥の深い世界すぎて先がみえない感じはする。

夢を見ることができる

サラリーマンと違って利益は青天井であるということ。逆もまたしかりですが・・・

やはり、自分の人生の限られた時間を切り売りするのがサラリーだと思います。それをしなくてもいいのがFXで利益をあげるということです。

その域に到達できる可能性は、学歴・年齢・性別などに関係なく全ての人に開かれているのです。

資金力の差だけは大きな違いはありますが、そこは時間でカバーできないこともないということです。

夢をもってやっていけるというのは、人にとって生活していく上での大きなアドバンテージになる

あなたもきっとそうです!

FXは精神が疲弊する

こちらはなんともいえない心理的ストレスがかかることがあります。私は、株式投資も経験していますが、株式投資では感じたことのないストレスです。

なんといえばいいのかわかりませんが、自分のポジションと逆に動いた時の感覚は、底なし沼に入っていく感覚で、先が全く見えない感じです。

ロット数が大きければ大きいほどその感覚は大きくなります。

値動きは、株式投資にもあるのですが、ある程度動きが想定できるし、想定の上で購入できる株式しか投資しないから、そんな感覚になるのでしょう。

精神が疲弊するのは、FXにむいていないようにも思えますが、裏を返せば、FXの怖さが理解できている証拠でもあります。

これからFXを始めるあなたは、心にそういったストレスがかかることを理解しておいてください。

なんだかんだいっても興味があればFXを始めたほうがいい

いろいろ感じることはありますが、興味のあるあなたはFXを始めたほうがいいということです。

資金管理さえきっちりできれば、怖いことはなにもありません。夢をみることもできるし、あなたの夢を現実にできる可能性もあります。

動かなければ現状を打破することはできません。

失っていいお金なら人生の授業料だと思えばいいのです。

人生一度きり・・・

自分自身に言ってるのかもしれませんが、あなたにも伝えてみたい言葉です・・・




為替・FXランキング

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました