リスクリワードレシオに対しての考え方

FX100万円日記

リスクリワードってあなたは聞いたことがありますか?

リスクリワード(損失:利益) は、 1:1だと1:2だとか、世間には諸説がたくさんありますし、人それぞれ様々な意見がありますが、こちらにも正しい答えはないです。

もちろん1:2で勝率60%であれば、資金は増え続けますし、そういう数字は間違いないのですが、実際の運用としては???なところがあります。

リスクリワードに対しての考え方も世間の情報だけでなく、あなた自身で決めてください。

スポンサーリンク

リスクリワードレシオって何?

簡単に言えば、利益と損失のバランスのことを言います。

勝ちトレードの平均値÷負けトレードの平均値となります。

初心者のあなたには話がややこしくなると思うので、実践であてはめるとすれば、米ドル105.500で購入するとします。106.000で利益を確定させる(+50pips)、105.000で損失を確定させる(-50pips)とリスクリワードは、1:1となります。この1回1回のトータルの平均値の数字です。

この数値が高ければ高いほどいいわけです。(例、2:1、3:1など)

また、リスクリワードの数値が高ければ高いほど、勝率は下がっても利益が出やすいということになります。

逆に数値が低いと勝率をあげなければ利益が出にくいということになります。

リスクリワードは、概念だけ頭にいれておくべき

初心者や資金が少ない間は、リスクリワードの数値をおった取引はしなくていいです。

逆にいえば、手法や取引タイミングが確立していないときに、この数値にそって売買をおこなうほうが危険です。

取引に入るタイミングが間違えている時点で、その数値は実際とてつもなく低い数字になりますし、あまり意味をもたない数字になるからです。

ある程度結果を出せるようになってから考えても遅くないので、最初から、数値にそって売買するのではなく、損切り設定の数値だけ設定して、あとは概念だけ頭において利益を確定すべきです。

損小利大は理想だが・・・

損小利大は理想です。全ての売買においてそれが可能であればそれにこしたことはありません。

コツコツドカンで資金を減らす?!という話もありますが、コツコツドカンは誰にでも経験ある話ですし、間違いではない理論です。ただ、コツコツドカンだから全て負けるわけではありません。

ドカンが何回の1回の割合でくるのか?どれくらいの大きさの損失なのか?

コツコツがそれを上回っていればいいのです。ないですか

結局、勝率とリスクリワードレシオの数値がここでからんでくるのですが、やはり、リスクリワードレシオの数値設定による売買は推奨できないです。

というよりも、実際の投資経験をつんでから、数値の意味を肌で感じて利用していかなければ意味がないですし、機能しないでしょう。

リスクリワード3:1を考える

リスクリワードでベストな数値が3だといわれています。

あなたの取引に当てはめて考えてください。

スイング、デイ、スキャルとあなたはどんな取引をするのでしょうか?

例えば、デイですと、損切りを-30pipsに置いた場合、利益設定を+90pipsとらなければいけません。

通貨にもよりますが、1日でそんなに値動きしないこともありますし、利益+50pipsまでいったのに、そのあと逆にふれて、そのまま損切りにかかってしまう・・・みたいなことも続くかもしれません。

それが、1:2だとしても、60pipsには届かず、同じ状況になります。

じゃあ、損切り設定を浅くして、-10pipsなら+30pipsでOKじゃないか?と思うあなたもいるかもしれませんが、入るタイミングを間違えたら、いえ、もし入るタイミングがあってたとしても、-10pipsは、短い時間軸のローソク足でさえ損切りに簡単に引っかかる数値なのです。

3:1は簡単な数値ではないですし、初心者の短期的なトレードでは、むつかしい数値です。

時間軸も考えよう

チャートは波のように上下します。

例えば、-20pipsで損切り設定を置き、+60pipsの利益設定をおいたとしましょう。

1日目は、+50pipsまで到達したが、利益確定にかからず、いったん下がって、2日目の昼に達成したとなると1日半かかって50pipsとれることになります。

波をうまく捕まえることができれば、+25pipsを1日半で3.4回とれるかもしれません。

そうすれば、短時間で利益も増えるかもしれません。

FXは奥が深い

結局、FXはどんな理論にもどんな手法にも絶対はないということです。

どの理論も正しいですが、どの理論も短期的には収束しない確率論に近いような感覚でみたほうがいいでしょう。

もちろん、知識・概念としては、頭に置いておくべきです。

ただ、、世間の話を全て自分に当てはめて売買をしてはいけないということです。

今回のリスクリワードレシオの話も同じであり、それ単体単体のはなしではなく、それ自体に、勝率も絡んでくるし、時間軸も絡んでくる、あなた自身の状況も絡んでくるし、FXをしているすべての人に同じことや理論は当てはめることはできないのです。

あなた自身であなたのオリジナルを築いてください


為替・FXランキング


為替・FXランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました