傷病手当金の基礎知識

知って得する法律と知識

今日のテーマは傷病手当金です。

傷病手当金は、病気や怪我によって収入を得られないとき、保険組合より支給されるものです。

社会生活において、誰もがお世話になる可能性もあるので、覚えておいてください。

労働者のあなたへあなたを守る傷病手当金の基礎知識

傷病手当金の給付要件ほ?

傷病手当金を支給されるには、給付要件をみたす必要があります。

業務外の事由により、療養のため業務に服することができないとき、給与支払いを受けないときで、その労務に服することができなくなった日から3日を経過した日から労務に服することができない期間支給される

簡単に言い換えると、仕事以外の原因で、仕事ができない病気や怪我で、給与の支払いを受けておらず、4日目以降から支払われるという意味です。

通勤災害・業務災害以外のもので、仕事に就くことができないことについての証明があるときは支給対象になります。

給与の支払いがあっても、傷病手当金の額よりも少ない場合は、その差額が支給されます。また、健康保険の状態が、任意継続被保険者である期間中に発生した病気・ケガについては支給されないのでご注意ください。

支給期間は?

支給開始日から、1年6ヶ月となります。

注意してほしいのは、欠勤期間と欠勤期間の間に、出勤期間があれば、出勤期間も1年6か月に含まれるということです。支給期間(欠勤期間)だけで1年6か月ではありません。

支給額は?

直近12か月の標準報酬月額を平均した額の30分の1に相当する額の3分の2に相当する金額

尚、12か月に満たない場合は、別途定めがあります。

傷病手当金と労災保険の違い

傷病手当金と労働者災害補償保険の区別がよくわからなかったり、どちらを使えば有利なのかという人が結構いてるので、最低限、自分がその立場にたったときに、労働者として覚えておかないといけない違いだけいくつかいっておきます。

病気や怪我の発生原因

大きく違うのは業務中に発生したのか、業務外で発生したのかということです。あなたの怪我や病気が何がどのタイミングや原因で起こったのかでかわります。

業務中に発生したなら、労働災害となり、業務外で発生したならば、傷病手当となります。

労働者災害補償保険のほうが補償は手厚い

審査や認定などの段階を踏まないといけませんが、労働者にとって手厚い補償となるのは、労働者災害補償保険となります。

労働者災害補償保険は、傷病手当と違い、通院費用も支給されます。また、支給期間も場合によっては、傷病手当よりも長くなりますし、支給金額も労働者災害補償保険のほうが多くになります。

傷病手当はもらいやすい

繰り返しになりますが、

1.業務外の事由によってなった怪我や病気

2.療養のため、業務につくことがてきない

3.休んでいる期間に給与支払いがない

4.連続して4日以上の療養が必要

この4つの条件を満たしたら、たいていのかたは支給されることになるので、審査がないふん、労働災害保険よりももらいやすく、支給までの期間も短いことが多いです。

傷病手当金受給中に退職した場合

傷病手当金は支給されるには、3つの条件をクリアする必要があります。

1.あなたの退職日までに継続して1年以上の被保険者期間 (健康保険任意継続の被保険者期間を除く)があること。

2.資格喪失時に傷病手当金を受けているか、または、受ける条件を満たしていること。

3.退職日には出勤しないこと。(意外と忘れられているポイントなので注意してください。)

情報弱者にならないように

今回のテーマの傷病手当金の基礎知識は、労働者にとって、前回紹介した労働災害保険の基礎知識に並んで常識なので覚えておいてください。

基礎知識があれば、ネットに出回る情報にまどまわされることもなくなります。

例えば、よくでまわっている、傷病手当金が28カ月もらえる方法などがそうです。

何も知らずに、手数料を払って不正受給をしてしまうことのないようにしてください。

基礎知識をもっているたけで、情報弱者になったり、不利益を被る可能性は低くなります。正しい情報を得て、正しく利用し、よからぬものに巻き込まれないことを願います。

このBLOGサイトが少しでも誰かの役に立てば、私のモチベーションにもつながります。

不定期更新になりますが、今後も続けていこうと思いますので、よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました