スポンサーリンク

Youtube広告について

YOUTUBE広告

Youtube戦国時代といわれチャンネル制作登録数を伸ばすことも難しくなってきました。

その反面、1日での視聴率や、視聴している年齢層など幅広く、広告媒体としてみた場合、大変強いものです。

私、2010年より2016年まで約7年間、広告代理店をフリーランスでおこなっていました。

当時は、紙媒体がWEB媒体に乗り替わっていくそういう時代でした。

広告業界の淘汰も激しく業界の変化のスピードもすさまじかったのを記憶しています。

フリーランスを廃業後、他業種の管理職を約7年しておりましたが、訳あって、2022年9月よりフリーランスに戻ります。

早速ですが、今、広告を考えておられる方は、一度、Youtube広告を試してはいかがでしょうか?

効果を見ながら、広告料金を管理し、昔の紙媒体よりもシャープな広告効果が得られます。

まだまだ参入余地がありますので、今回それをテーマに拾っていきます。

スポンサーリンク

Youtube広告の強み

アクティブ数が多い

ご自身も経験があるようにYoutubeというのは、映画のように1本2時間見て終わりというものではありません。

1時間もあれば、何本もの動画を見ることができます。

その間に流れる広告の量は結構な数です。

一人一人のリーチが多いということは、必然的に広告主様にとっては大きくプラスに働きます。

広告主様が目標を絞った広告をうてる

広告主様が何に目標を置いて広告を打つのか、そのような設定をすることができます。

例えば、WEBサイトに誘導するのか・・・はたまたYoutubeチャンネルに誘導するのか・・・ブランド認知をあげるのか・・・様々な目標にむかって広告が打てます。

また、地理、年齢、性別などターゲットを絞った広告をうつことができます。

広告の効果を検証できる

どんなビジネスでもPDCAは必須です。

YouTube広告は管理画面で、インプレッション数、再生数、再生時間、クリック数など、動画を視聴したユーザーの行動がわかります。

Google傘下になったことで、Googleアナリティクスと同じような効果検証ができるのです。

これを利用することで、次回からの広告の打ち方の検討材料としPDCAをおこなっていけます。

Youtube広告種類

インストリーム広告

インストリーム広告とは、YouTube動画の動画枠内で配信される広告のことです。動画には、スキップ可とスキップ不可の2種類があります。

動画を再生するユーザー全てが目にするので、認知獲得に優れたマーケティング施策の一つといえます。

TVのCMのYoutube版だと置き換えれば理解しやすいです。広告費用はTVと比べてかなり割安になります。

インフィード動画広告

インフィード動画広告とは、YouTubeの検索や関連動画など、YouTube上で動画を探しているときに表示される広告です。

WEBサイトのバナー広告だと思えばわかりやすいですね。

関心度の高いユーザーに視聴する特徴があります。

バンパー広告

バンパー広告とは、動画の前後や途中で再生される6秒以下の動画広告で、広告を途中でスキップすることができません。

6秒という短い時間に印象を強く伝えるよう認知獲得につなげなければいけない広告です。

アウトストリーム広告

アウトストリーム広告はモバイル専用広告で、Google 動画パートナー上のウェブサイトやアプリにのみ表示されます。YouTubeでは利用できません。

Youtube外での広告なので、動画を視聴するユーザー以外にもアプローチすることができ、広範囲への訴求が可能です。

マストヘッド広告

マストヘッド広告とは、YouTubeのトップページ上に映し出される動画広告です。

認知獲得に目標をおき、大規模なユーザーへ周知させたいときの広告効果を期待できます。

オーバーレイ広告

YouTubeの動画の画面上に定期的にコンテンツ下部に表示のある静止画広告です。オーバーレイ広告はYouTube広告の中でも唯一静止画での広告になります。

YouTubeの動画画面内の下部に表示され、視認性が非常に高く、認知獲得に向いている広告です。

Youtube広告始めてみませんか

これらを考えるとYoutube動画広告の活用を考えるのは事業にとって非常に効果的であります。

また、TVや紙媒体とトータルバランスで考えても、広告認知や広告料、総合的に見ても、コストパフォーマンスといった費用対効果の高いものになると考えられます。

興味がありましたら、ぜひ一度、当事務所までお問合せください。

タイトルとURLをコピーしました