スポンサーリンク

Youtube広告入稿規定

YOUTUBE広告

まだまだYoutubeは伸びています。これから広告入稿を考えている方は、まだまだ有効であると認識して、少しでも早く利用することをお勧めします。

Youtubeの広告には入稿規定というものがあります。今回はそんな話をしていきます。

スポンサーリンク

Youtube動画入稿規定

Youtube動画入稿にはどの広告にも共通した入稿規定があります。簡単にまとめます。

解像度

推奨解像度 1920×1080(フルHD)

最大解像度 3840×1920(4K)

例外としてインフィード広告(旧TrueView ディスカバリー広告)につきましては、

推奨解像度 640×360または480×360となっています。

となっています。

アスペクト比

16:9もしくは9:16です。例外としてインフィード広告(旧TrueView ディスカバリー広告)につきましては、16:9または4:3となっています。

ファイル形式

MP4

最大容量

128GB

コーデック

H264

フレームレート

最大60fps

だいたいこんな感じになります。むつかしいことがわからない方は、当事務所が代行いたしますので、気軽にご相談ください。

Youtube広告(全7種)入稿特徴

インストリーム広告

(出典 google Youtubeヘルプ) 

インストリーム広告は、このような画面上での広告となります。画面右下に、広告をスキップとでるスキップ可能なものと時間がカウントダウン終わるまでスキップできない2タイプがあります。

インストリーム広告(スキップ可)

動画時間は、最低12秒以上で、推奨動画時間は、90秒になります。

インストリーム広告(スキップ不可)

推奨動画時間は、6秒~15秒になります。

インフィード広告

(出典 google Youtubeヘルプ

インフィード動画広告は、動画のサムネイル画像とテキストで構成されます。インフィード動画広告はユーザーがクリックすることで動画が再生される仕組みとなっているので、クリックしてくれるのは、ターゲットユーザーである可能性が高いことになります。

バンパー広告

(出典 google Youtubeヘルプ

バンパー広告の動画時間は、6秒以内です。

動画の再生前、再生中、または再生後に 6 秒以内で再生されます。広告はスキップすることはできませんが、6秒という短い時間でユーザーに訴求しなければいけません。

アウトストリーム広告

(出典 google Youtubeヘルプ

アウトストリーム広告は、Youtube外のGoogle動画とパートナー関係にあるアプリやWebメディアにてモバイル広告として表示されます。

動画時間は、6~15秒です。

マストヘッド広告

(出典 google Youtubeヘルプ

マストヘッド広告は、YouTubeのTOP画面最上部に表示される広告です。

動画時間は最大で30秒です。

こちらの広告は、予約制で金額もかなりかかります。

オーバーレイ広告

こちらは、Youtubeの動画画面上の下部に定期的に表示される横長の広告です。静止画広告で、画像の用意で気軽に始めることができます。

推奨サイズは、728×90です。

タイトルとURLをコピーしました