スポンサーリンク

Youtube広告をあなたとはじめたい

YOUTUBE広告

Youtubeの視聴者数は、現在、世界で20億人。日本国内でも6500万人と言われています。

また視聴世代も幅広く浸透しており、企業広告としての効果もますます高まっています。

今回は、Youtube広告こそ個人事業主様や中小企業様がはじめるべきだというテーマで話します。

スポンサーリンク

街の個人事業主様、中小企業様にすすめたい

まず、前提にあるのは、国民のTVや新聞離れが確実に進んでいます。

一昔前では考えられないTVのない家庭、新聞を取っていない家庭が年々増えていっています。

それは、何故か?

やはり1番の理由は、様々なSNSが生まれたことです。

Youtube、Twitter、Instaglam、TicktokなどTVや新聞が必要ないほど、情報を手に入れるスピードも速く、真実に沿った情報も手に入りやすくなりました。

また、利用ユーザーの娯楽としてみても、TV、新聞、ラジオ、雑誌などのよう受動的なものでなく、SNSでは、情報発信者という能動的なものとして使えるようになりました。

それらを考えると今後もSNSのユーザー増加は増えていくと考えます。

TV、新聞、ラジオ、雑誌にとってかわる情報ツールがSNSです。もちろん、それに付随する広告出稿価値というのも同じことだと考えます。

私が、地元の個人事業主様や中小企業様にこそYoutubeの活用をお勧めしたい理由を話しておきます。

安価な値段から広告を出せる

私は、以前、地元の個人事業主様や中小企業様をメインに広告代理店を営業していた時期がありますので、各事業所様が当時どのような媒体をどのような値段で利用していたのか見当がつきます。

それを考えたとき、使い方によってYoutube広告のほうが費用対効果、コストパフォーマンスが高いとお勧めできます。

何より、広告料が、お客様の方で設定できるということが強みです。

不必要な広告費用を使わなくていいので、多額な広告費用を用意しなくてもいいということです。

個人事業主様や中小企業様にとって最適な広告利用ができるということです。

正確なターゲティング

Youtube動画は、過去の視聴履歴においてユーザーがどのようなものに興味関心があるのかを把握できていますので、それに基づく配信がおこなえます。

例えば、性別や年齢、居住地、趣味嗜好など広告主様が望むターゲットに広告を届けることができます。

ターゲティングが正確なほど費用対効果は高まります。

言い換えれば、Youtubeがすでにマーケティングをおこなってくれている中にいる、あなたの設定したターゲットにアクションできるということです。

大手企業に独占されていない

Youtube広告の広告主はまだまだ大手企業に独占されていないので、個人事業主様や中小企業様でも、同じ土俵で戦えるということです。

(マストヘッド広告については、かなり金額が高いので例外ですが・・・)

また、動画自体のクオリティも映画やCMのように高くなくても大丈夫ですし、ユーザーに伝わる動画で勝負できます。

広告という概念を捨てる

今までの広告という概念を捨てることからはじめてほしいです。

あなたの商品、事業よりもあなた自身を知ってもらうツールに使うことが、より高い費用対効果を生むと考えます。

受動的な広告と能動的な広告では、ユーザーのとらえ方や感じ方、認知方法が大きく変わるからです。

Youtube動画の特徴を利用して、広告以上の影響力を利用するブランディングを意識した運営につなげていくことに意識を置くことです。

長くなりますので、今回はこの程度にまとめておきます。

個人事業主様や中小企業様でYoutube広告などYoutubeに興味ありましたら、気軽にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました