世間で騒がれているBrainについて

TAKUBLOG

Brainって最近話題になっていますが、聞いたことありますか?

初めて聞いたあなたのために、今、話題のBrainについて今回話していこうと思います。

スポンサーリンク

Brainとは?

Brainとは、簡単にいうと、OPENほやほやの知識共有プラットフォームのことです。

もう少しわかりやすく言えば、情報商材を販売したり、技術を販売するWEB上のサービスということです。

今でも似たようなプラットフォームやサービスがあります。例にあげると、有名なもので、infotop、ココナラ、noteなどは聞いたことがあるのではないでしょうか?

あなたの欲しい情報や技術を購入することのできる場所だともいえるのではないでしょうか。

なぜ、そんなに世間で話題なのか?

では、似たようなものがあるプラットフォームがなぜそんなに話題になっているのでしょうか?

そこには、お金がからんでいるからです。

あなたは、アフィリエイトは知っていますよね?

何かの販売商品をSNSで発信し、そのリンクを踏んで購入してもらえると、紹介者に手数料が入るという仕組みのものです。

アフィリエイトというのは、情報発信の場への来訪者が多ければ多いほど収入が増えるので、紹介者が無名の場合、来訪者が少ないので紹介料収入というのは増えることはありません。

また、情報商材を商品化する企画やノウハウがなければ、販売者としての収入をつくることもできません。

今、話題になっているBrainはその弱い部分を補えるものを搭載したということで、普通の個人でも稼げるチャンスがでてきたといわれています。

普通の個人がアフィリエイトだけで稼げる可能性がでてきたといわれているから騒がれているのです。

Brainを利用する大きなメリット

あなた自身が販売商品という武器を持ってなくてもいい

知識や経験を商品にする企画やノウハウや技術をもってなくても稼ぐチャンスがあるということ

利用方法がいたってかんたんであること

Brainと検索して入ってみたらわかりますが利用方法がいたって簡単です。

紹介機能・レビュー機能がついている

他のプラットフォームと違う大きな点はこの紹介機能・評価機能がついているということではないでしょうか。

これにより、有名なインフルエンサーな力を借りて、商品が売れる可能性がでてきたということです。

ここに普通の人でもアフィリエイト手数料を稼ぐことができる可能性がでてきたのです。

情報商材って必要なの?

私個人の見解としては、あなた自身の考えによります。

あなたが何を優先するのかということです。

ある情報を習得するのに、10時間かかるとします。その情報を1000円で購入して習得するとすれば、1000円出して時間を買えば、その時間分、他に費やせるということです。

この価値観により、判断は分かれますが、どちらが正しいとか間違っているとかはありませんので、自分が何に重きを置くのかで判断することです。

もし、あなたが、お金で時間を短縮する考えであるなら、もちろんそのような考えの方はたくさんいていますし、あなたが先にその情報商材を手に入れたなら、いい情報商材なら紹介し、購入してくれる人がいれば、それが紹介料となります。

悪い情報商材なら購入をしないようにするのもありかもしれません。

必要かどうかは、あなた自身が決めればいいのです。

ちなみに現在のBrainの紹介料は10%から50%みたいです。

Brainの問題点と今後を考える

価値のない情報商材への対応

情報商材というのは購入するまで中身の全容がわかりません。

果たしてそれが価値のあるものなのか?

本当に値段に見合っているのか?

悪質なビジネスの温床になる可能性もあります。購入者をどう満足させるのかが大きなポイントになります。

レビューの真実性

レビューの真実性の担保がとれない状況になっている。

真実のレビューと紹介手数料が反比例するという可能性が高いということ。例えば、悪い評価をすれば商品が売れないので、売るためだけにいい評価にしてしまうということです。

プラットフォーム運営者の信用性

このシステムというのは、運営者とインフルエンサーが儲かるシステムになっています。

もちろん会社というのは、そういうものなのですが、今後の展開を考えた場合、そのあたりの信用性の確保していって欲しいものです。

Brain運営者の今後の動き

1.商品精査による悪質商材をなくす

2.レビュー基準についてのお願い

3.コンテンツ販売、レビュー者の本人確認

運営健全化を目指してこれらを発表しています。

Brainの今後を見守っていきたいです。

私自身のまとめで思うこと

Brainはまだ始まったばかりです。今後どうなるのかは、予想もつきません。

ただ、面白いプラットホームであることは間違いありませんので、今後どうなるかは個人的には楽しみにしています。

また、コストパフォーマンスの高そうなものは手にしてみて試してもいいかなとも思います。

時間を買うということが理解できない人や何か引っかかるあなたは参加しないほうがいいです。納得しないで参加することは自己責任として処理できませんので。

もう少し先をみてから考えてみるのもいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました