MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)で社会が大変革

TAKUBLOG

あなたはMaaSという言葉を聞いたことがありますか?

最近、何かにつけて目にする機会が増えているのではないでしょうか?

今回は、MaaSをテーマに話していきたいと思います

スポンサーリンク

MaaSとは?

MaaSとは、モビリティ・アズ・ア・サービスの略で、交通をクラウド化して、マイカー以外の交通手段による移動を一つのサービスとすることを言います。

現在、分断されている交通手段を垣根なく利用できる新たな移動手段という考えにあります。

わかりやすくいうと、現在では、バス、電車、タクシー、レンタカー、レンタサイクルなど日常的に使う交通手段はすべて個々の予約や決済で対応することになっています。

MaaSが日常になれば、目的地までの交通手段の検索、予約、支払いが全てスマホで完結できるということです。

MaaSは海外で始まったサービスで、フィンランドで始まり、現在では、ドイツやイギリス、台湾などでも行われている事例があります。

日本でのMaaSへの動き

近年、日本では、自動運転技術への動きは一気に加速しています。それに伴い海外でもまだ新しいこのMaaSに対する動きも加速しています。

おそらくこの10年以内に交通手段のシステムは劇的に変化すると予想できます。

現在時点でもMaaSに参加表明している企業はたくさんあります。

最も世間で話題になった、トヨタ自動車とソフトバンクの共同出資会社MONETがまだ記憶に新しいと思いますが、この会社がまさにMaaSのための会社の有名な代表格となります。

JR東日本や小田急などの参加も有名ですし、大手だけでも約200社も参加を表明していますし、今後、まだ増えていくでしょう。

運輸業界の人手不足、地域の交通網分断、少子高齢化による人口割合の変化、経済活性化、その他、様々なものに大きな変革を与えるサービスになります。

MaaSと自動運転技術の進化で生活は大きく変わる

超便利!Door to Door

あなたがどこかに出かけることを想像してください。

MaaSが確立すると、自宅までタクシーを呼んで、出発駅まで向かい、電車に乗って到着駅につき、そこからバスに乗って目的地に到着するいうことが、検索、予約、決済がスマホで完結するのです。お金を持たなくても、玄関先から目的地までDoor to Doorになります。

地方の交通手段の確保

現在、地方では、都市部以上の高齢化と人口減少により、交通網が衰退し、交通弱者が増えていく状態となっています。

自動運転技術を進歩させ、MaaSを組み合わせることで、現在でも行われている乗り合いバスやタクシー、現状の交通手段を維持しながら、便利な移動手段や環境などが整備されると予想されます。

都市部での渋滞解消

MaaSが充実していくと、都市部近郊でのマイカーを持つ人が減少することが予想されます。マイカーの利用者が減ることにより、都市部での渋滞解消につながりますし、路上駐車、排気ガスの社会問題なども解消されると予想されます。

現在の日本でのMaaS

現在、日本では、MaaSの実証実験をおこなっている段階です。地域によって交通問題が違うため、3つのモデルを想定しておこなわれています。

1,大都市近郊型·地方都市型モデル

マイカー依存率が高い地方都市などを想定されています

2.地方郊外·過疎地型モデル

交通機関が縮小や廃止など、例えば、路線バスが何時間に一本とかそもそも交通手段がない場所などを想定しています。

3.観光地型モデル

駅や観光目的地を結ぶ交通網であるバスやタクシーなとが少なく、マイカーやレンタカーてしか移動できないような場所などを想定しています。

これらのモデルを想定して、地域を特定し、現在進行形でMaaSの実証実験は既におこなわれていますし現状は規模の小さいものてすが、これをあしがかりに大きなシステムの確立につながっていくと考えられます。

MaaSの利用料金ってどうなるの?

現在、詳細はまだわかりません。金額はさておいてになりますが、あくまてもMaaS先進国てあるフィンランドを見本とした場合、考えられるのは、月額定額で条件付き乗り放題の可能性もあります。

あくまでも一例として、わかりやすく説明すると、

月額三万円のAコース

月額五万円のBコース

月額十万円のプレミアムコースがあり、

Aコースは、レンタサイクル、バス、電車乗り放題

Bコースは、Aコースにプラスして、月三回レンタカーが乗れて、月100キロまでタクシーが乗れる

プレミアムコースは、全てが乗り放題

みたいな感じです。

もちろん、都市部や地方部で料金やシステムもかわってくるでしょうし、一概にはいえないところもありますが、月額定額制というのは導入可能性が高いと予想します。

MaaS普及による考えられるメリット

さきほど少し話したので繰り返しになる点もありますが、大きなメリットとして重複して話しておきます。

都市部、都市近郊部、観光地ての渋滞解消

MaaSが発達することにより、マイカー維持率の大幅な減少が考えられます。

通勤などのマイカーが減れば、都市部の渋滞解消になると予想されます。

環境の改善

マイカーの利用者が減ることで、それに伴う排出ガスも減り、大気汚染などの問題の改善にもなる

地方交通網の維持及び改善

MaaSのデーター活用や自動運転技術の組み合わせにより、今よりも進んだ地方交通網の有効な活用、改善が期待できます。

公共交通機関の利用者の増加

公共交通機関の利用者の増加により、運賃収入か増えれば、新たな設備投資や効率的な運営により、さらなるMaaSの発展に寄与される。

経済効果

マイカーをもたない世帯が増えることで、家計を圧迫していた車両維持費とMaaS利用料金の差額が生まれることで、他にお金を使うことが増加する。

社会の大きな変革が始まる

交通網の検索から支払いまでスマホ一台て簡潔に終わり、月額定額制か導入されるとすれぱ、利用者にとっては大きなメリットになります。

ただ、不安材料かでてくる人もてくさんいてるてしょう。

マイカーが売れなくなることで、企業変革をおこないきれない中小関連企業の従業員の方は、自立する準備をはじめたほうがいいかもしれません。

また、連動して成長するAIや自動運転技術により、人が働く場所というものは、年々、減っていくのは、間違いありません。

個人レペルの話ではなく、MaaSに関連した業界の真っ只中にいる企業から変革が始まり、そのなかにいる大企業の変革により、社会にも変革が生まれることは間違いない未来でしょう。

おそらく10年後には、大きな変革した社会の姿を目の当たりにする気がしています。

素晴らしい時代の幕開けになることを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました